採用情報

姫路大同青果株式会社トップページ » 採用情報 - スタッフ一覧

こんな人たちが働いています - スタッフにインタビューして社内の様子を訊いてみました

スタッフさん

井上 莉歩 【営業部門 野菜部】

私の仕事は、せりに関する付帯業務およびパソコン入力。せり終了後は、せり台付近の清掃。担当品目の注文と発注。市況報告などです。

市場の仕事は、どうしても朝が早くて大変だという印象があるかもしれませんが、その分早く帰宅する事が出来ますので、自分の時間が長く持て、プライベートを充実させる事が出来ます。

あと、社員食堂があるので、朝食・昼食の心配が無く、とても助かります!

スタッフさん

渡邊 禎典 【営業部門 野菜部】

市場に持ち込まれた青果物は、まだ価格が付いていない為、せりに掛け、仲買人に販売します。

集荷面では、量販店から注文を受け、産地に出荷の依頼や仕入の値段交渉を行います。近年では、翌日入荷する青果物の情報を元に、前日に仲買人から注文を受ける事がメインになってきています。
また、産地などへの出張も度々あります。

生産者から青果物を集荷し、安心安全な青果物を適正価格で消費者に安定供給する使命を私たちが担っています。

1時間ほどのせりで、1日の売上を上げる仕組みは、市場ならではのスピード感あふれる仕事であり、他では味わう事の出来ない魅力があります。

スタッフさん

大場 雄貴 【営業部門 野菜部】

私たちの仕事は、生産者と仲卸業者との「橋渡し役」というと少しイメージしやすいかも知れません。

この仕事にやりがいを感じるのは、「出回りの少ない商品」を何とか確保し、仲卸業者の注文に応えられたとき。

青果物は、季節や天候などの変化で大きく出荷量が変わるので、全国各地の生産者や他市場との日頃からの取引や信頼関係が何よりも大事になります。品不足の時は特に痛感します。

仲卸業者からの「君に言って良かった」の一言を聞くと、とても嬉しく感じるんです。

スタッフさん

下田 侑資 【営業部門 果実部】

せりを行うには免許が必要で、2年以上の卸売業務の実務経験がないと受験する事が出来ません。

入社当初は、せり人である先輩方の補助作業が中心です。せり人資格取得後は、せり販売や仲卸業者の方々一人ひとりと交渉していく相対販売など幅広く様々な業務に携わっていきます。

地元のスーパーなどで、自分たちが関わった商品が箱ごとたくさん並んでいるのを見た時は、食を通じて地域に貢献していると、内心とても嬉しくなり、やりがいを感じます。

ページの先頭に戻る

当社が求める人材 - 我こそはと思う方はぜひふるってご応募ください

当社が求める人材は、「明るく元気な人」 「話すことが好きな人」 「腰を据えて長く勤めたい人」です。

若さにあふれている!好奇心旺盛だ!語れるものがある!
明るく元気な人
誰に対しても、いつでもハキハキした挨拶をする事で自然と周囲に元気を与え、明るく接することのできる人の周りには自然と人が集まり、職場全体も活気に満ちてきます。
挨拶は基本的なことではありますが、非常に大切なことです。
明るく元気な挨拶を忘れず行える人に大きな魅力を感じます。
話すことが好きな人
いざ仕事を始めると社内外問わず様々な人と多く関わり合い、人間関係は大きく広がっていきます。そんな時、大事になってくるのはコミュニケーション力。
他愛もない会話から気付けることや閃くことは多くあります。また、コミュニケーションを取ることがより周囲との協調性を高め、大きな力となります。
上手く伝えることが苦手でも、コミュニケーションを取ろうとする意思や努力を弊社では大切にします。
腰を据えて長く勤めたい人
弊社が、姫路市及びその周辺地域に根付いて約60年になります。
農家の方々と消費者である皆様を結ぶパイプ役として、全国各地の新鮮で安心・安全な青果物を集荷し、消費者の方々の食卓に並ぶよう、流通の中核拠点を担っており、地域の食文化に大きく貢献し続けています。
食べることは、生きていくために必ず必要なことですので、弊社の仕事が無くなるという事はありません。また、転勤も一切ありませんので、この姫路市で腰を据えて長く勤めていきたい方、姫路市及びその周辺地域に大きく貢献できる仕事をし続けたいと考える方にはぴったりの会社です。
ページの先頭に戻る

募集要項&応募方法 - ご不明な点がありましたらエントリーの際に記載ください

2021年3月卒の採用ついては、下記よりエントリーしてください。

募集要項はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る